深谷商工会議所報6月号No.597
3/8

SPECIAL FEATURE平成29年度 深谷商工会議所決算報告■科目別決算額科 目決算額(円)収入の部1会費45,323,800 2一般事業収入55,993,867 3交付金76,964,006 4その他の収入(補填金・負担金等)23,285,083 5雑収入542,049 6繰越金42,403,896 合 計244,512,701 支出の部1事業費75,818,206 2管理費95,893,285 3引当金1,779,856 4積立金2,500,000 5その他の支出(保証金支出等)1,500,000 6繰入金15,355,268 7次年度繰越金51,666,086 合 計244,512,701 ■平成29年度収支決算書 総括表(自 平成29年4月1日~至 平成30年3月31日)�単位:円会 計 別平成28年度繰越金平成29年度収 入平成29年度支 出差引収支残高一般会計42,403,896 115,155,630 105,893,44051,666,086 中小企業相談所特別会計0 74,492,574 74,492,574 0 深谷市中心市街地活性化推進事業特別会計0 6,190,157 6,190,157 0 深谷宿屋台村事業特別会計0 6,270,444 6,270,444 0 合 計42,403,896 202,108,805 192,846,61551,666,086 会費4,532万円18.6%一般事業収入5,599万円22.9%事業費7,581万円31.1%管理費9,589万円39.2%引当金177万円 0.7%積立金250万円1.0%その他の支出(保証金支出)150万円0.6%繰入金1,535万円6.3%次年度繰越金21.1%5,166万円交付金7,696万円31.5%その他の収入2,328万円9.5%繰越金4,240万円17.3%雑収入54万円 0.2%歳入 2億211万円歳出 1億9,285万円・・・こんな事業を実施しています<一般会計事業費 3,459万円>総合振興対策事業、金融税務事業推進、産業振興事業推進、工業推進対策事業及び地場産業振興事業、観光事業推進、検定事業推進、永年勤続優良従業員表彰事業、文化事業推進、会報発行事業、調査事業、役員等会議・若手後継者育成事業、議員活動事業、情報化推進事業などです。<中小企業相談所特別会計事業費 2,876万円>創業・経営革新支援事業、海外展開支援事業、小規模事業者支援事業、消費税転嫁対策支援事業、講習会等開催事業、金融指導事業、専門家派遣事業、記帳指導事業、経営指導員資質向上対策事業などです。<中心市街地活性化推進事業会計事業費 619万円>中山道深谷宿運営、ミニシアター支援事業、イベント運営事業(ミステリーツアー)、ロケーションサービス事業(撮影場所提供・エキストラ募集)、空店舗・空地対策事業、手づくり市、情報受発信事業(FMふっかちゃん、フカペディア運営)などです。<深谷宿屋台村事業特別会計事業費 627万円>屋台村修繕費、広報費などです。管理費の使いみちは俸給、社会保険・労働保険料、旅費、研修会費、車両管理運営諸費、会費振替手数料、関係団体渉外費、日商・県連・関商連会費、修繕費、賃借料、水道光熱費、什器備品費、消耗品費、通信運搬費、印刷製本費などです。繰入金とは特別会計等への繰入です。積立金とは自動車等機器購入積立金、財政調整積立金、管理運営積立金、記念事業積立金、什器備品購入積立金です。引当金とは退職給与引当金です。<雑収入>小規模企業共済、倒産防止共済取扱手数料、預金利息などです。<その他の収入>一般会計からの補填金・負担金です。<会費>2,046事業所がご加入されており、1企業あたり(平均)年間約22,152円、約9.2口(1口2,400円)のご負担をいただいております。<一般事業収入>検定料、会報広告料、証明手数料、共済制度・労働保険手数料・委託料・健康診断手数料などです。<商工業振興事業運営補助金(国・埼玉県・深谷市)>一般会計、中小企業相談所特別会計、中心市街地活性化推進事業特別会計等への運営補助金です。※グラフには繰越金(前年度・次年度)が入っています。3

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です