深谷商工会議所報4月号No.595
7/8

会社を伸ばすための経済学株式会社ディセンター代表取締役 折原 浩事業所名代表者名業 種小林屋塚田 勝章飲食業深谷市深谷町2-11中華食堂 加トちゃん加藤 正嗣中華料理店深谷市西島町1-5-18割烹 楓井上 三郎日本料理店深谷市大塚334ソライロテラス植竹 有香飲食業深谷市上柴町西4-23-12 サンライズメゾン103K-Style奥山 和弥とび工事深谷市原郷2119-6Movement of the Chamber会議所の動き謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 故髙野一吉氏(前会頭)は昭和59年11月以来、議員・常議員・副会頭を歴任され、平成25年11月に第10代会頭に就任、平成30年3月12日まで会頭を務められ、商工会議所事業運営に多大なる貢献をされましたが、去る3月22日ご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。前会頭故 髙野 一吉氏電気はじめました!! 電気とガスがセットでお得!! ご入会ありがとうございます 深谷商工会議所のみなさま、こんにちは。 新年度ですね。新年度になると、すがすがしく感じ、何か新たなことに挑戦する気になりませんか。 世界中を調べたわけではありませんが、日本は世界でも稀なくらい時節が多いそうです。多分、日本人は、ところどころで区切りを設けることで、普段の生活に刺激を持ち、また新たな気持ちで仕切り直してきた民族なのですかね。 私事で恐縮なのですが、娘がやっと小学校に入学しました。あまり教育熱心ではなく、どちらかと言えば父親失格気味の私ですが、これをきっかけに、経営者として「小学生に何を教育すべきか」を考えてみました。 まず、「自分で考えて決める」こと。 近年、後継者や従業員育成において、大きな課題の一つが「まじめに言うことは聞くけど、考えられない者が多い」ということです。確かに、今の小学校教育を見てみると「自分で考え決める」ということに関して、まだまだ弱いと思います。娘の将来はまだ分かりませんが、仮に経営者になるとすると、毎日が決断の連続です。また、その決断にはほとんどの場合、十分な情報と、正解・不正解と言う分かりやすい結果がありません。したがって、小さいころから、分からないことだらけの中でも、自分で考えて決断することを習慣にさせたいと思います。 次に、「ストーリーを考える」こと。「これしたことで、こうなった」、「あれをすればああなる」という因果関係に基づくストーリーを考える能力を付けたいと思います。ちょっとしたことでも良いので、何か不測の事態が起きた時に、「なぜ起きたのか」を考えさせます。実は、経営分析の世界においては、因果応報は一つの要因で決まるはずはないので、これには答えがありません。したがって、何を言われても、笑顔で「正解!」って言うしかないのですが・・・ 最後に、「モノの良さを表現する」こと。 うちの娘に関していえば、「将来の夢はユーチューバー」なんて言っている現代っ子ですので、ユーチューブの撮影を通して、商品PRの基礎を教えたいと思います。普段、経営分析に使っているような「この商品のPRポイント(付加価値、差別化)を3つ言うとすると何か」といったことを考えさせ、それをどのように表現したら人に伝わるのかを教え、実際の撮影をしたいと思います。小学生の平易なことばでの商品説明は、小規模企業のホームページなどで使う動画には良いかもしれませんね。もしかしたら、娘たち地域の小学生が皆様のご商売のお役に立てる日もあるかもしれません。 親バカ感たっぷりのコラムで恐縮ですが、私が、今回ぜひ皆様に伝えたいことは「小規模企業経営の視点から考えた教育も悪くない!」ということです。これをきっかけに、地域の後継者である子供たちの教育にも商工会議所として、もっともっと関心を持っていきませんか。「今、後継者にしたい教育」3月の動き 5日青色申告・決算確定申告指導(6日~9日)消費税申告指導(7日・8日) 7日法律相談 7日小規模事業者持続化補助金個別相談会(13日・19日) 8日日本政策金融公庫相談12日税務・経理・消費税相談20日海外展開支援セミナー22日第4回常議員会・第2回臨時議員総会25日FMふっかちゃんオンエアー28日行政書士相談詳しくは日本商工会議所LOBO日本商工会議所LOBO検 索検 索製造業前年同月比(業況DI)▲10.1基幹部品の需給逼迫が深刻で、納期にも影響が出ているほか、仕入価格や燃料費の上昇が収益を圧迫している(電気機械製造業)建設業前年同月比(業況DI)▲17.1公共工事に一服感が見られ、売上は悪化。建設資材価格、人件費や外注費、燃料費等の上昇により採算も悪化(管工事業)卸売業前年同月比(業況DI)▲20.8大手メーカーによる一部値上げを見越した駆け込み需要から、売上は増加。今後は値上げ実施後の反動減に備える(食料・飲料卸売業)小売業前年同月比(業況DI)▲27.3株価の急落など金融市場が不安定なため、高額商品の需要が減少するのではないかと懸念している(衣料品小売業)サービス業前年同月比(業況DI)▲17.9人件費上昇に加え、農産物価格の高騰が収益の圧迫要因となっている。値上げに踏み切るほかない(飲食業)業況DIは、足踏み。先行きは改善見込むも力強さ欠き、横ばい圏内の動き商工会議所早期景気観測Lobo(2月調査結果)7

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です