深谷商工会議所報4月号No.595 3/8

深谷商工会議所報4月号No.595
3/8

深谷商工会議所 新役員決定! / 平成30年度の事業計画・収支予算が決定SPECIAL FEATURE4.ビジネスチャンスの創出と需要開拓・販路拡大支援の推進 交流事業やビジネスマッチングを実施し、新たなビジネスパートナーとの出会いの場を提供すると共に会員企業間のネットワーク構築に取り組みます。また、企業ブランドを高め、競争力を強化するための付加価値や差別化が図られた商品・サービスの開発支援を行い、商工会議所の公共性及びネットワークを活かし、国内外を問わず情報発信することで企業取引拡大・新たな需要開拓に貢献していきます。5.魅力ある商工会議所の推進と商工会議所機能の強化 会員増強や退会防止推進のため、会員の声に耳を傾け、事業活動に反映した会員サービスの向上を図ります。また、巡回活動■平成30年度の主要事項項目1.地域社会の活力向上 中小企業・小規模事業者の発展や地域振興促進のため、委員会・部会から提起された課題を集約し、機動的な提言・要望を国・県・市・関係機関等に対し精力的に展開します。また、中小企業等の経営環境への対応や持続的発展に向け、調査・研究事業を積極的に実施すると共に、市内外関係機関との連携と情報交流を強化し、地域の活力向上を図ります。2.創造性豊かなまちづくりの推進 深谷市をはじめ地元商店街、関係団体等との連携を強化し、個店の魅力づくり支援の推進、さらに新ご当地グルメによる活性化事業を推進すると共に商店街イベントの拡充・情報発信に積極的に取組み、活気ある商店街とまちの賑わい創出を図ります。3.中小企業の挑戦・成長による産業振興の推進と経営支援体制の強化 中小企業・小規模事業者の持続的な成長を支援するため、創業・経営革新・経営改善・販路開拓支援の強化及び中小企業等の課題である人材確保・育成支援を展開します。また、ものづくり産業のイノベーションの促進と地域資源の活用推進による、新たなビジネスの創出を図ります。平成30年度の事業計画・収支予算が決定 臨時議員総会では、平成30年度の事業計画や収支予算も決定しました。平成30年度においては、「創造と革新の実現、新たな未来への改革」をスローガンに、「中小企業及び小規模事業者の発展」と「地域活性化」による深谷全体の活力強化に努めて参ります。SPECIAL 特集② FEATURE創造と革新の実現、新たな未来への改革において、商工会議所事業活動等の見える化及びサービスの活用方法の理解を高め、頼れる商工会議所を目指すと共に、共済制度等の加入促進による安定した組織基盤の維持・拡大を図り、職員の資質向上と法令遵守を徹底することで、安心・安全、魅力ある商工会議所の実現に向けて邁進していきます。■総括表会計別本年度予算額前年度予算額対比増減(△)一般会計157,530,000151,580,0005,950,000中小企業相談所特別会計79,901,00079,511,000390,000深谷市中心市街地活性化事業特別会計6,920,0007,400,000△ 480,000深谷宿屋台村事業特別会計6,350,0006,350,0000合計250,701,000244,841,0005,860,000●一般会計科目予算額(円)収入の部1会費45,490,0002一般事業収入43,450,0003委託費・補助金15,100,0004積立金取崩収入16,550,0005繰入金3,240,0006雑収入200,0007繰越金33,500,000合計157,530,000支出の部1事業費36,950,0002管理費51,270,0003退職給与15,745,0004積立金2,800,0005繰入金23,061,0006予備費27,704,000合計157,530,000●中小企業相談所特別会計科目予算額(円)収入の部1経常収入78,251,000 2臨時収入800,000 3負担金850,000 合計79,901,000 支出の部1指導事業費9,040,000 2広域支援事業費11,970,000 3海外展開支援事業費0 4創業支援事業費1,000,000 5支援機能強化事業費800,000 6商工会等指導環境推進費4,401,000 7小規模事業者支援事業費4,450,000 8消費税転嫁対策窓口相談等事業費500,000 9人件費45,440,000 10管理費2,300,000 合計79,901,000 3

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です