深谷商工会議所報3月号No.582
10/10

発行所 深谷商工会議所〒366-0823 埼玉県深谷市本住町17番1号TEL 048-571-2145 FAX 048-571-8222URL http://www.fukaya-cci.or.jp E-Mail soumu@fukaya-cci.or.jpmobile http://www.fukaya-cci.or.jp/mobile/平成29年3月1日発行(毎月1日)2,036事業所Aji NaviDATAMENU(税抜価格)株式会社 小池勝次郎商店深谷市菅沼91-2TEL 048-583-2017FAX 583-6080http://www.k-koikeya.co.jp/石原 雅世さん 「幼少期から農業に触れる機会が多く、“農家を豊かに”という会社の理念が私の想いとマッチして、ここ小池勝次郎商店に就職を決めました」と話す石原さんは、今年で働き出して6年目を迎えます。 お客さまが来店すると、自ら声をかける姿も。「農業を行う上で出てくる専門用語も日々勉強し、お客さま目線にたった商品の説明を心がけています。また、お客さまのご相談や質問から要望を汲み取り、メーカーにお伝えしています。目指すは“メーカーと農家の仲介者”です」。広報担当でもある彼女は、県内外関係なくお客さまから相談を受けることも多いそうです。「お客さまの希望や立地、畑の状態によってご提案する商品はそれぞれ違ってくるので、しっかりとお話を聞くことと、それに応える知識をつけることは、常に意識していることの一つです」。お客さまに安心して相談していただくことを大切にした結果、信用を得られ1年分の資材を購入していただけたことが嬉しかったと話してくれました。 「規模に関係なく農家を応援できるのが、私たち商店の強みだと考えています。力あるスタッフとお互いに支えあい、また切磋琢磨しながら、農家から感謝されるお店にしていきたいです」。日本の農業を活性化し、関わる地域の農家を元気に豊かにするため、今日も石原さんは仕事に打ち込んでいます。農家を豊かに魚々屋 新鮮な季節の魚介類が堪能できる「魚々屋」。この道25年の店主が扱う鮮魚は絶品。職人の確かな目でひとつひとつ吟味し納得のいくものだけを早朝の市場から仕入れるこだわりにより、美味しい魚介の数々を味わえます。なかでも「にぎり鮨」は、季節や天候に合わせてコシヒカリの新米とひね米を配合し鮨酢とバランスよく織り交ぜ、ほどよい柔らかさのシャリに!店主の手の中で活きのいいネタと合わさり、極上の旨さを引き出します。また、魚介と野菜が見事にマッチした「魚々屋サラダ」や、焼きたてを豪快に楽しめる「まぐろのカマ焼き」などの逸品料理も豊富にご用意。さらに、魚々屋の魅力はランチにもあり!リーズナブルでボリューム満点、お腹いっぱい大満足のお得ランチメニューもぜひお試しあれ。上品かつ繊細な料理を昼夜両方味わえる店内はカウンター席から座敷席、イス席もあり、お一人様から友人同士・ご家族など老若男女どなたでも気軽に魚々屋の美味しさを味わえます。もちろん宴会も大歓迎! そしてなんといっても、春は店前の桜並木が満開になり、料理と桜の彩りで一層ステキな空間を演出します。お花見前後のお食事にはぜひご利用を!心から満足し笑顔になれる、旬の食材と手づくりにこだわった「魚々屋」へお越しください。深谷市宿根851-6TEL 048-574-7711営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00㊡月曜日Ⓟ20台・にぎり鮨……………………………1,050円~・お刺身盛合せ………………1人前1,100円~・まぐろのカマ焼き……………………980円・魚々屋サラダ(4~5人前)……………920円・自家製厚焼き卵………………………460円・カレイの唐揚げ………………………820円最高の季節を味わう贅沢なひとときを特典本誌をご持参いただいた方には、ソフトドリンクを1杯サービスいたします!本誌をご持参いただいた方には、ソフトドリンクを1杯サービスいたします!(期限:平成29年3月31日まで)武川駅入り口●●至熊谷とんとん市場秩父鉄道★秩父往環コンビニエンスストア武川駅㈱小池勝次郎商店●●●●●南中学校(北)グリーンパーク入口パティオ北★深谷駅国道17号コスモス街道東京成徳大学深谷高校ねだち南中ローソン南公民館中通自治会館魚々屋●●●●●●●●●●深谷商工会議所報●2017.310

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です