1. ホーム >
  2. 福利厚生、共済・保険 >
  3. 中小企業PL保険

中小企業PL保険

PL(製造物責任)とは

製品の欠陥によって、その製品の消費者、その他第三者が、生命・身体又は財産に損害を被った場合、その製品の製造・販売に関与した事業者が被害者に対して負うべき法律上の損害賠償責任をいいます。

商工会議所の「中小企業PL保険制度」

商工会議所の「中小企業PL保険制度」は、制度発足(95.7.1)以来3,000件を超える事故を受付ており、中には人身事故を伴うPL事故や完成品の製造過程で発生する事故など、損害額が比較的高額となる事例も生じてきています。(下記事故例参照) 特にPL保険では、PL法における責任主体である製造業者、輸入業者等のほか、民法上の賠償責任を負う請負業者も補償の対象となっているため、種別にみると、請負業での保険金支払が多く見うけられてます。

保険制度の内容

  中小企業PL保険 全国商工会議所
PL団体保険
対象者 商工会議所会員の中小企業(中小企業者の定義は中小企業基本法による) 商工会議所会員の中堅・大企業
保険金支払限度額 5千万円・1億円・2億円・3億円の4パターンから選択 2億円・3億円・5億円の3パターンから選択
補償の内容 製造・販売した製品や仕事の結果に基づく法律上の損害賠償責任を補償
お支払いする保険金
  • 損害賠償金(治療・休業損害・慰謝料・遺失利益・修繕費など)
  • 裁判費用、弁護士費用、被害者の護送費、応急手当費用
保険金をお支払い
できない主な場合
  • 故意の事故や重大な過失による法令違反の事故
  • 製品や仕事の対象となるもの自体の修理費・取替費・回収費など
  • 海外の事故、保険期間前の事故・保険期間終了後の賠償請求事故
自己負担額 3万円 5万円
その他 保険料は全額損金処理できます。

問合せ先 深谷商工会議所  総務課  TEL048-571-2145
 

関連リンク

このページのトップに戻る